訪問看護とは

訪問看護とは

訪問看護とは、療養中の方や障がいがある方などご自宅での看護が必要な方に対して、看護師免許を持つ看護師が主治医の指示により、ご自宅を訪問して看護(療養上の世話や必要な診療の補助)を行うことです。自宅で、病院の外来・病棟のナースステーションと同様の処置等ができます。すまいる・ポッケでは、病院のケースワーカー、保健センター、地域包括支援センター、ケアマネージャーなどからの依頼により、患者様のご自宅に伺い、看護という枠にとどまらない幅を超えた看護を行っています。また、訪問看護を必要とする方だけでなく、支えているご家族もサポートいたします。

訪問看護ステーションとは

訪問看護ステーションとは

訪問看護ステーションとは、在宅で療養される方々に、質の高い看護サービスを提供するための機関です。
患者様の主治医元や病院、施設などに属さない独立した訪問看護ステーションのため、公共的意義の高いサービスが提供できます。
同じ志を持つ看護師だけで運営することで、質が高く、形式的でなく利用者様を一番に考えた看護を提供することができます。
すまいる・ポッケでは、主に統合失調症や躁うつ病など精神疾患を持つ方々に訪問看護を行っています。発達障がいを持つ方や認知症などの方への訪問看護も増えています。

患者様の症状を見逃さないための情報共有

患者様の症状を見逃さないための情報共有

訪問看護は主治医からの指示によって行われる在宅での看護ですが、患者様が主治医以外の科で受診することもございます。たとえば主治医が精神科の場合でも、内科や歯科を受診するようなケースです。
すまいる・ポッケ訪問看護ステーションでは、そんな場合でもホームナースとして、通院や処方された薬の記録の情報を残し、主治医と連携を図れるように情報共有を行っております。併用不可の薬など、情報共有することによって、未然に防ぐことができます。

ホームナースとして

ホームナースとして

訪問看護師は、患者様のご自宅を訪問して、看護や日常のケアをします。ホームナースとして、医療的視点から患者様の日常生活の些細な変化に気づき、生活に不安を感じられている方の支えとなります。
精神科・一般科での経験が豊富な看護師が、先生方の指示のもと、患者様のご自宅での生活をサポートいたします。
精神科疾患や認知症を抱えるご家族への支援、また体調がすぐれない方にはしかるべき医療機関もご紹介いたします。認知症など早期発見が不可欠な疾患に対して、看護のプロとして、また身近なホームナースとしてしっかり見極め、サポートします。受診の際、主治医・看護師に伝えたいポイントを整理し、提供することもしておりますので、ご安心ください。

訪問看護でできないこと

  • 病院等への受診・付添、薬の受け取り・受渡
  • 料理等の生活援助、代理行為での買い物
  • 車での送迎、治療に関わらない外出
  • 営業時間外の定期訪問
  • 主治医以外からの訪問指示・処置
  • 救急車搬送時の同行、付添、送迎